読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○○に行ってきた!!

子連れでも楽しめる遊び場を紹介したい(野望)のと、国内外旅行記を備忘録として(メイン)

子連れ淡路島1泊2日旅

2013年5月の終わりに子連れ(8ヶ月と3歳)で、母の還暦旅行に淡路島へ行ってきました。
3世代旅行ね。子連れで旅行はしんどいよなーとやや心配していましたが、家族旅行だから時間には追われないし、こじんまりとしたホテルに泊まったのもあって、大変ではなかったです。車での旅行なので、イザっていうときは、車内で授乳したりね・・・

事前に雨だということはわかっていたので、雨でも楽しめるスポットをいくつかピックアップしておきました。

iPhoneから紅蓮の弓矢*1を流し、行きの楽しみテンション高めで中国道を進んで行きます。
3歳児が「おしっこおしっこ!」とわめくので、名塩SAにて小休止。
f:id:mesomeso:20130528095838j:plain
名塩でみつけたグッピーわらび餅(まずそう・・・失礼)
出発してそれほど時間が経っていないので、とくに何も買わず。おしっこ3歳児は用を足した後にまたすぐ野菜ジュース飲んでて、やりたい放題楽しそうでした。


そうこうしてたら、あっという間に明石海峡大橋を渡り、淡路島が見えてきました。
淡路島入ってすぐの新しい淡路SAにてまたまた休憩。ここでは、大きな観覧車にのります。私と娘(8ヶ月)はその間にこじんまりした個室で授乳タイム。
f:id:mesomeso:20130528111348j:plain
授乳後に合流してSA散策。新しいのでおしゃれなスタバもある!けど特に立ち寄らず。お昼のしらす丼に備えます。
f:id:mesomeso:20130528111404j:plain
淡路SAゆるキャラ、ワタルくん!あまりのかわいさにグッズ買ってしまうほど。もちろん家族集合写真撮りましたよ。


今日のメイン、しらす丼を食べに、下道におりて、道の駅あわじへ。
こちら明石海峡大橋のすぐそばにあるので、迫力ある橋桁を真下から眺めながらしらす丼が食べられます。
f:id:mesomeso:20130528115231j:plain
しらす丼しらす丼、っていうわりに、私は生が苦手なので、遠慮して、淡路牛バーガーを食べます。(画像なし)
f:id:mesomeso:20130528120831j:plain
ご当地サイダー(画像あり)
父母は天ぷら丼を食べたのですが、揚げたてさくさくで大変おいしかったようですよ。


なんとか天気はもっており、この間にさくっと行けるとこ行くぜ!ってことで奇跡の星の植物館へ向かいます。
途中車窓から国生み神話の絵島観光しつつ・・・
f:id:mesomeso:20140604100155j:plain

ぽつぽつ降ってきていますが、植物館は屋内施設なので、無問題です。ベビーカーも借りることが出来ました。
f:id:mesomeso:20130528133159j:plain
入り口はいってすぐ、エレベーターで上まであがり、そこから緩やかな坂で回っておりていきながら、植物を楽しみます。
お花に興味ある母は結構楽しんでいたようです。私は娘の機嫌が気になって、花を楽しむどころではなかった、、、長時間ベビーカー疲れないかな、とか。。。あとから写真をみると楽しそうな顔をしているので、親の取り越し苦労ではあるのですが。

一通りまわったあとに、カフェで一服。天候が悪いので、宿へは早めチェックインをお願いしていたのですが、そうはいってもまだ時間があるので、調整です。パフェやソフトクリームなどをパクリ。父は流行っているから?ホットケーキを頼んでもりもり食べていました。


ホテルにチェックインするころには、雨が本格的に降っていました。
ちなみに泊まったホテルは”けひの海”。妹家族が以前泊まったことがあるとかで、子連れに優しいホテル。和室付きDXツインのお部屋で。

こちらのお部屋は広々としていて本当によかった。父母はツインベットを使い、子供たちは和室で雑魚寝ができます。赤ちゃん連れだと和室が楽だわー。その他ゆっくりお茶をのめるソファースペースもあるし、内風呂もでっかくて豪華!(豪華すぎて使うのに躊躇してしまうほど!)洗面室も広々だし、また淡路島にくるならここがいいなぁと思わせるほど。

夕食もちょっと奮発して地のものをつかった創作和食料理がおいしかったです多分。
このあたりも娘をあやしたりして気が気でなく記憶がない・・・食後に還暦祝いの写真(赤いちゃんちゃんこ!)を撮っていただいたので、家族皆満足でした。