読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○○に行ってきた!!

子連れでも楽しめる遊び場を紹介したい(野望)のと、国内外旅行記を備忘録として(メイン)

平和の森公園、ふるさとの浜辺公園に行ってきた

まだまだ残暑厳しい9月初旬に平和の森公園さらに足をのばしてふるさとの浜辺公園に行ってきました。

事前に、平和の森公園のアスレチックが楽しい、ということは知っていたので、着替えを持っていきました。ちなみに娘は未就学児のため、幼児用アスレチックが目的です。

 

大森駅からバスで向かいます。

東急ストアでおにぎりと飲み物を買い込みいざ出発!公園の近くは食べるところがないそうです!

11時すぎごろのレジャーランド平和島行きのバスにのりました、私たち家族以外に乗客はおらず貸切でした。他にもそちら方面のバスはありそうなのですが、今ひとつわかりづらくて、とりあえずこのバスに乗っていきました。

 

平和の森公園の北側に到着。

歩道橋を渡ってから公園内に侵入。私としては直接平和の森公園に向かいたかったのですが、途中で見つけた噴水を見つけて、興奮する娘。ぱちゃぱちゃ水遊びをするこどもを見て、入りたい〜!というので、ちょっとだけだよーといいつつ娘を放逐。

 f:id:mesomeso:20170209173642j:image

案の定すべって転んでずぶぬれに。

 

はやくもここでお着替え。転んでテンションさがった娘を持ち上げながら、本来の目的地であるアスレチックゾーンへ。

 

まずは本格的な小学生用アスレチックが見え、その奥に小さいながらもいくつかの幼児用アスレチックがありました。

幸いなことにこちらのアスレチックゾーンには大きな木がたくさん茂っていて、付添いの親にとっては木陰で休めるので体力を消耗せずに子供の様子を見ていられます。もちろん、虫はたくさんいますが。

 f:id:mesomeso:20170209174130j:image

縄を伝ってくぐって上り下りする遊具にはまってぐるぐる回ったり、滑り台の滑り込みをしたり、初挑戦の縄梯子では途中で怖くなってしまいましたが、親が助けることもできずに、泣きながらなんとかクリアしていました。

 

気分を変えて、さらに南のふるさとの浜辺公園へ。

こちらは時期が時期だけに、スマホをもってポケモンGOする大人がワラワラいました。アスレチックゾーンと違って日をよける場所がなく、じりじり照らされながらポケモンゲットをしている大人たち。皆一様にスマホを除いてうろうろしているので異様な光景・・・なんて思いつつ私もルアーフィーバーにあやかりました。

f:id:mesomeso:20170209174223j:image

こちらにはとーーーーーーーーっても長い滑り台がありました。傾斜はそれほどでもないので、ちいちゃな子から小学生くらいまで楽しんで滑っていました。

 

真夏ではありませんが、さすがに長時間日向にいるとそれだけで体力が削られます。遊具で遊ぶと言って聞かなくなった娘を強引に抱っこして、そばにあった大森海苔のふるさと館へ涼みに入館します。こちらは入館料無料。(館内のポケモンGO禁止の張り紙があったため、ポケモントレーナーは日向でGOするしかない様子)

海苔の歴史をちょろちょろみつつ、最上階の飲食スペースで一休み。冷房の効いた室内からポケGOする人たちを眺めて、ポテチを食べてこの日は終了しました。

 f:id:mesomeso:20170209174300j:image

海辺の公園で一日中遊べて充実した休日でした。