読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○○に行ってきた!!

子連れでも楽しめる遊び場を紹介したい(野望)のと、国内外旅行記を備忘録として(メイン)

椎間板ヘルニアと診断されて。。。

今更ではあるが、MRI検査をうけ、椎間板ヘルニアであると診断された。

事の起こりは、5年前にさかのぼる。
ちょうど就職して一人暮らしを始めよう、その期待と不安でいっぱいの時期に、ぎっくり腰になった。
腰を曲げて歩かざるを得ないほど、腰が痛んだ。コルセットの代わりに帯を締めてなんとかしのいだ。しばらくして痛みはひいたので、医者にかかることもなく、実家を出て一人暮らしを始めた。

そして昨年秋、腰痛が再発。
フィットネスで、膝の屈伸で足の筋肉をきたえるやつ(名前忘れた)をやった瞬間、腰に激痛が走る。腰をかがめて歩く事は出来たが、痛い。
これはやばい、ということで整形外科へ。コルセットとクスリを処方してもらう。牽引のため、週1で2度ほど通うと、腰痛もそれほどでもなくなったので、痛み止めも飲むのを忘れがちになり、仕事を理由に通院をやめた。

昨年の大晦日。バスで旅行に出かける。1泊目ごろから、腰というより右足が痛み、歩くのがやや困難。痛くてゆっくりしか歩けない。歩く姿勢も妙に背中がつっぱって、変に力が入った感じ。これもやばいということで、年明け、再び整形外科へ。そこでヘルニアかもしれないなぁと言われ、とりあえずまたまたクスリをもらう。あと牽引もやろうね、と医者からいわれる。ただ、忙しかったので、牽引を忘れがち、クスリも忘れがち。
知人から、接骨院を紹介してもらい、整体を受ける。ここの接骨院、院長がなんかうるさい人で、別の病院に同じ症状でかかっているという事だと、保険が適用されない事があるので、別の箇所を理由にしてくれ、とかなんとか言われて、問診票を「打撲による足の痛み」にねつ造。
会社からちかい場所にあるので、仕事の合間にしばらく通う、が、2日に一度は来て下さい、でないと、効果ないから!とか言われて、そんなもん忙しくていけるか!と思った。んで、さぼったら「ちゃんとこないとだめじゃないの!」とうるさい院長。そんな院長がこわくていつのまにか接骨院とは疎遠に。。。実際、症状もそれほど痛みが出てこなくなったので、まいっか、って感じだった。

3月ごろ?再び、足の痛みが悪化。まっすぐ仰向けで眠れないくらい痛い状態に。また、ずっと座る事や、歩き始めに足のしびれが発生。再度、元の整形外科を受診。いつもみてくれた先生がおらず、代理でいた先生に痛み止めの注射うっときましょうといわれ、1回じゃ効果ないからね、とそのご痛み止め(ビダミン剤?)を3回ほど注射。すると、看護士さんが、「効果なかったら、一度先生に見てもらったらドオ?」と言うので、言われた通りに、再度診察。

そこで、「一回MRIとってみましょうか。」となり、ここの整形外科ではとれないので、4/6、近くの大きな病院を予約してMRIを取る事になったのだった。

で、そのMRIの結果を主治医にみせると、「ヘルニアだね〜しかも手術でしかなおらないよ。病院紹介するから、一度みてもらいなさい。」と大きな病院への紹介状をもらう。