読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○○に行ってきた!!

子連れでも楽しめる遊び場を紹介したい(野望)のと、国内外旅行記を備忘録として(メイン)

ニューヨークに行ってきた(本懐を遂げる)

ny_2.jpg
8月15日トイザラス@タイムズスクエア店にまします遊戯(闇)。興奮して何枚も写真とってしまった。
アメリカ旅行の一日目はYu-Gi-Oh!The Movieを鑑賞。映画館には(混雑を予想して)1時間前にスタンバイ!
って、観客すくねー。公開3日目、しかもNYやで?
チケットを無事購入後、有り余る時間つぶしに、館内探索というか、トイレ探索。間違えて一方通行のエスカレータで上に上がってしまい、おりるにおりれんくなって、やべぇと思った私は、近くのエレベータのボタンをとりあえず押す。5分くらい待たされてエレベータのドアが開くと、店員が乗ってやがった。彼女には「Mistake?」っていわれた。はずい!!いや、大画面で遊戯鑑賞できるかと思うと、かなり緊張していたものでね。観てもいないのに異様に疲れた。
で、肝心の映画。
出だしから神三体VS究極龍対決で負ける社長、かとおもいきや、お得意のデュエルシミュレーション。なんとしても神三体に勝つカードを求めて、引退したペガサスの元へ飛ぶ!←でこの社長が飛び立つシーンがマジで噴き出したくらいかっこいい。お気に入り青眼ジェットにのるんだが、発射カウントダウンやったり、ヘルメットかぶってたり、変な洋楽(当たり前)がバックで流れたり、すっげー好待遇。主役か?ってなくらい。オープニングがこれか?
引退したペガサスに強引にアンティルールでデュエルに挑んで、見事遊戯に勝てそうなカード2枚ゲット!一枚は青眼の光龍で、もいっこが、この映画のラスボス(名前忘れた)復活のキーカード(←遊戯王的表現)一方、遊戯も、海馬の危機(公式ページ参照)を夢で知り、急いで海馬の元へ!
なんだかんだで遊戯VS海馬デュエルがはじまり、ダーツ編かのごとく、キーカード(ピラミッドの罠カード)でフィールドを封印。かつ、ライフポイントがピラミッドに吸われる仕組み。やめろっつってんのに遊戯に勝つことしか頭にない海馬。いいかげんやばいかなーって海馬も思ってピラミッドを消去しようとするが時すでに遅し。闇エネルギーを蓄えたラスボス登場、海馬アボーン。以後、青眼の光龍を死者蘇生により生き返らせた遊戯VSラスボス戦開始ィィィィ。(なんかこの展開知ってる。。。)
遊戯が当然勝利。でまあお終い。なんやけど、ラスト、ペガサスが海馬に向かって「今回の事件の元凶は海馬BOY」っていう内容の台詞いったところで、観客がどっと沸いて気になった。そんなにおもろいのか??あと、青眼召還したら「フォー!!」って喝采するとこもノリノリな観客(っても主に子供)でよいよい。つーか城之内がお笑い役で、彼が出る度に笑われてた。
総じて、英語リスニング能力皆無の私には、細部がさっぱりやったけど興奮した。